中峯浩/日記のようなもの

2009.4.12

  • [うた魂♪]を観ました!
  • 配列を調査せよ!
    • まずは配列の基本から
    • 配列も必ず宣言、初期化してから使う
    • Cより便利なVBの配列
    • 配列+反復処理でコード量を減らせる
    • 配列+ポインタは速い!


2009.4.11

  • 今年初めての花火の音を聞きました!

2009.4.9

  • 室内の緑(植物)とCO2

2009.4.7

  • 安全・安心な社会に向けて

2009.3.2

  • メディア・アミューズメントって何ですか?
  • テンポって何ですか?


2009.2.10

  • Javaを使ったオープン・ソース・プロジェクト,面白そうですね.

2008.12.27

  • 平和堂近江八幡店家電売り場にはメーカーを問わないインクカートリッジリサイクル箱が設置されていました。素晴らしい!でも、電池のほうは。。。

2008.12.26

  • 今日は洛陽工業高校でロボットサッカー大会がありました。しかし、この日に限って雪が降らなくても。。。はやく、スタッドレスにはきかえなければ!

2008.12.14

  • 本格的に寒くなってきましたね。ついに、車用の解氷剤を購入しました。冬に突入です!
004.JPG

2008.11.21

  • 家電量販店ではリサイクルのため使用済み電池、電球、トナーなどを店内のBOXで回収しているところが多いです。環境にやさしいことですね。ただし、K's電気はBOXを撤廃しました。電球を買った客だけ引き取るそうです。なぜ???

2008.11.14

  • ライントレースカー製作開始(14:12)
  • 組み立て説明書ですが,基板の組み立てに入るタイミングがわかりにくいです(14:14)
  • キットはゴミがかなり出ます(14:16)
  • 抵抗のはんだ付け終了(14:36)
  • 部品をなくさないように小物いれを2個ほど用意したほうがよいと思います.
  • 半固定抵抗はんだ付け終了(14:43)
  • ICはんだ付け終了(14:47)
  • スイッチはんだ付け終了(14:51)
  • ICソケットが必要だと思います.
  • やけどには注意してください.
  • 発光ダイオードはんだ付け終了(14:56)
  • セラミックコンデンサはんだ付け終了(14:58)
  • 電解コンデンサはんだ付け終了(15:00)
  • トランジスタはんだ付け終了(15:04)
  • 高さをそろえたほうがきれいですよ.
  • センサの組み立ておよびはんだ付け終了(15:21)
  • 基板の半田めっき終了(15:25)
  • 基板チェック終了(15:27)
  • コーヒーブレーク(15:28-15:43)
  • メカの組み立て開始(15:43)
  • ナット回し切り取り(15:44)
  • モーターベースの取り付け終了(15:52)
  • モーターの取り付け終了(15:58)
  • プラ部品の切り離しを丁寧にしておけばバリとりの必要がありません.
  • 中断(16:01-16:03)
  • タイヤの組み立て終了(16:04)
  • ストッパは転がすようにカッターナイフで切るとうまくいきます.
  • タイヤの取り付け終了(16:09)
  • 前側の電池ボックスとアイドラシャフトの取り付け終了(16:14)
  • Eリングを紛失しました.
  • 予備のプラ部品があり,何を逃れました.
  • キャスターの取り付け終了(16:33)
  • 後ろ側の電池ボックスの取り付け(16:37)
  • 電池のセットは-側から先に入れるとうまくいきます.
  • 乾電池のセット終了(16:43)完成
  • 動作チェック
    • コースの準備(16:44)
    • センサ部のLEDのチェック(16:45)OK
    • 地面が白いときの動作チェック(16:46)OK
    • 左側のセンサのチェック(16:52)OK
    • 右側のセンサのチェック(16:53)OK
    • 線をたどるかのチェック(16:54)OK
  • あとかたずけ終了(17:11)OK










2008.10.29

  • 今日は滋賀県立図書館によってから大学に行きます。

2008.10.28

  • 珪藻(ケイソウ)は不等毛植物門珪藻綱に属する単細胞性の藻類だそうです。細胞が珪酸質の被殻 (frustule) に入っているのが特徴だそうです。殻の形態が放射相称を示すものを中心珪藻、一本の対称軸をもって左右対称であるものを羽状珪藻と呼ばれるそうです。

  • TJ2を私も作ってみます。


2008.10.27

  • 今日は寒いです(近江八幡市、06:01、18℃)。炬燵を出すべきかどうか迷っています。

2008.10.26

  • 自然はやさしいです。雑草でさえ私たちの心をいやし、エネルギーを与えてくれます。

  • アルキメデスのらせんポンプ、何かに使えませんか?

2008.10.23

  • 小学生はやさしいです。天使です。私たちの心をいやし、エネルギーを与えてくれます。

  • 基本的に授業は1人でするものです。理科の場合、助手を付けていることが多いですが。総合の時間など1人でしないといけない授業は多いです。たとえば、ロボットづくりを1人で授業できるでしょうか。僕は、してみたいと思います。

  • サイクリングはすぐれたダイエットスポーツだそうです。

2008.10.20

  • 現在、5:51です。まだ暗いです。新聞配達のバイクの音だけが響きます。。

2008.10.19

  • 高知県(四万十川、物部川や手結港)に行きたいですね。伝統漁法(突きん棒、ガラ曳き漁、火ふり漁など)の宝庫です。沈降橋やあゆ、カマスサワラの群れもみたいです。なんか日記というより、希望リストになってきました。

  • BANDAIの自動工場と金型製作現場を見学したいですね。

  • デジカメ(W300がほしいです)で食事の写真を撮って、そこからカロリーを算出するのは大変なことです。でも、食べ物の重さもわからなくてはいけません。専用の器を作ればいいですが、やはりここは汎用性を満たしたいところです。

  • 小学校学習指導要領解説を購入しましょう。小学生を侮ってはいけません。面白い授業、そうでない授業を一発で見破ります。

2008.10.18


このページは私(中峯)が思いつくままに研究室の紹介をしていきます。

活動の詳細は研究室へ足を運んでくれれば、温かいコーヒーなどを飲みながらお話しますのでいつでもどうぞ。

まず、以下に示すのは、8年ぐらい前に書いた研究室紹介の文章です。いまとなっては、古い内容も含まれていますが、中峯研究室のルーツは十分に表現されています。

研究室紹介

~ 「スズメの学校」にはムチを振る怖い先生がいますが,「メダカの学校」には生徒も先生もいません.(童謡を想い出してください.)皆さんは,水族館などできれいにならんで泳いでいる魚の群れを見たことがありますか?じつは,あの群れも「メダカの学校」と同じでリーダーは存在しません.では,どのようにして群れの秩序が創り出されるのでしようか?
~ 通勤ラッシュの人の流れを考えると,なるべく流れにしたがうのが結局は早く進む方法であるといえます.このとき,それぞれの人は自分の前にいる2,3人の動きに追従しています.魚の群れも同様で,各個体は自分の近くにいる個体との位置や速度の関係を一定に保つだけですが,その結果として群れ全体に一つの秩序が形成されます.
~ 魚群行動のように,各個体(要素)間の局所的な相互作用によって全体の秩序が形成されるようなシステムを自律分散システムと呼びます.このシステムは,最近注目されるようになったシステム技術の一つであり,応用範囲としては,一般の工学システムのみならず,社会システム,経済システムなど広範囲にわたります.このシステムは,集中管理機構をもたないことが特徴です.従来のシステムは,集中管理機構にトラブルが発生すると重大な事態を生じることになりましたが,自律分散システムではその心配がいりません.また,このシステムでは各要素が自己の判断で動作を決定するために,周囲の環境の変化にも素早く適応することが可能です.
~ しかし,そのメカニズムには未知の部分が多く残されています.理論的な裏付けは,これからの課題であるといえます.本研究室では,魚群行動を解析することにより自律分散システムのメカニズムを解明しようと努めています.具体的には,水槽内を遊泳する魚の様子をビデオ撮影し,その映像を画像処理することにより個々の魚の位置に関する時系列データを取得します.このデータをもとに魚群行動の数学モデル(微分方樫式など)を作ります.そして,様々な状況下における魚群行動のコンピュータ・シミュレーションを行います.
~ 現在は,魚群行動のもつ多様性や環境適応性などに関する研究を主に行っています.そのために,ニューラルネットワーク,遺伝アルゴリズムおよび強化学習などの理論を用います.これらの理論は,生物の分野における知見に基づいて構築されています.本研究室の特色の一つは,生物と工学の融合をはじめとする,異なる領域の融合であるといえます.工学システムだけには留まらない応用範囲の広さが大きな特徴です.したがって本研究室には,広い視野をもてるチャレンジ精神の旺盛な人が適していると思います.(2000.04)

  • 最終更新:2009-04-12 16:59:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード