中峯研究室/教材のヒント/水辺へ行こう

水辺へ行こう

山や草原にいろいろな生き物が住んでいるように、池や川など、水辺にもたくさんの生き物たちが住んでいる。どんな水辺で、どんな生き物が見つかるか、みんなも一緒に行ってみよう。

水の流れている川、流れのない池、水のある季節と水のない季節の田んぼなど、いろいろな水辺があります。その中で、生き物たちはそれぞれにあった生活をしています。

探検しよう

これだけは守ろう

  • 知っている池や小川、友達に教えてもらった場所、住んでいる町の地図で調べた池や川などで、行くところを決め、家の人に言って出かけよう。

雨の日や、雨が降った後は、探検は中止!!

  • 水がにごって観察ができない。
  • 土手やあぜ道が滑りやすいので危ない。
  • 雨がやんでも、川の水は増えてくるので危険。

持ち物

  • 両手が使いやすいように荷物は背負うのがいい。(リュックサック、できれば防水加工したもの)
  • ゴミ袋は入れたか。ごみは必ず持ち帰る。

水辺は楽しい場所ですが、反面危険な場所です。必ず大人が付き添い、行動をともにしてください。

水辺の約束

はしらない。

ふざけない。

ひとりで勝手なことをしない。

からだを乗り出すなど、無理をしない。

田んぼの中に入らない。

大きな川や池に入らない。

水辺の探検隊

さあ、探検を始めよう。水辺の探検って、ちょっと難しそうに思えるけど、きちんとすれば誰にでもできるんだよ。いろいろな水辺の様子を見て、生き物のことや、自然のことを感じたり考えたりしよう。

  • ゆっくりと、静かに歩こう。
    • 落ち着いて歩くと、いろんなことに気がつき、転んだりはまったりしない。
  • しっかり見よう。
    • 校庭や野山で見かけるものと違う草や動物を見つけよう。
  • 辛抱強く観察しよう。
    • 生き物を見つけたら、あわてないでじっくりと、静かに観察する。
  • 周りに気をつけよう。
    • 池や川の水ばかりでなく、岸辺や土手にも目を向ける。
  • 耳をすまおう。
    • 水辺では、町に比べてどんな音がしているか、聞いてみよう。
  • 生き物に触ってみよう。
    • 見つけた生き物をそっと触ってみよう。友達になれるよ。
  • 小川の探検
    • 春から夏の初めにかけて、水の中は、生まれてきた生き物たちで一番にぎやかだ。生き物たちが見つかる小川、ちっとも見つからない小川を比べて、考えてみよう。
  • 生き物探し
    • 水草の間に何かいそうだね。
    • 石の下は。
    • ごみは捨ててはだめだよ!
  • 生き物がいない川
    • ごみだらけの川
    • くさい水の川
    • 泡の立つ川
    • 黒い水の川
    • コンクリイトの川
  • 見つけたものにしるしをつけよう。
    • アメンボ
    • 水蟷螂
    • トノサマガエル
    • アメリカザリガニ
    • ふな
    • めだか
    • かわにな
  • ざりがに
    • ザリガニがよくいるのは、田んぼの回りの小川や池。流れの緩やかな場所で、水草の間や石の近くを探してみよう。小さなザリガニを取って大きく育てるほうがいろいろなことがわかるんだよ。(外来種のため、最後は処分しましょう)
  • 網ですくってみよう
    • ほらほら後ろのほうへ跳ねるよ。
    • なあんだ、こうしたらとりやすいね。
    • 背中をつかむとはさまれないよ。
  • 釣り上げてみよう
    • ザリガニは大きくて広い池よりも、小さな池のほうがよくいる。大きな池には大きな魚がいるので、小さなザリガニのときに食べられるからかな。
  • 面白釣竿
    • お弁当のおかずをつけてどれがよくつれるかためそう。
  • ザリガニと友達になろう
    • つかまえたザリガニと友達になって、遊びながら、観察しよう。ザリガニのことを、もっと知りたいときは、もって帰り、飼ってみよう。(家の近くの川などには放さないでください)
      • 大きいのと小さいのとは分けて入れよう
      • また、遊ぼうね
      • 飼うのは、2から3匹にして、後は逃がしてやろう。(本当は処分します)
    • こうして飼ってやろう
      • たくさん入れると仲間同士でけんかをするので2から3匹をできるだけ広い入れ物(水抜き栓のついたもの)で飼う。
      • それぞれに名前をつけ、毎日世話をしてやる。
      • えさは食べる分だけやるようにして、食べ残しはすぐに取り除く。
      • 石や植木鉢で隠れるところや水から上がれるところを作ってやる。
      • 水は半分くらい入れる。にごったり汚れたりしたら、半分くらい入れ替えてやる。
      • 食べ物(いろんなものを食べる元気屋さん、魚の切り身・煮干・ミミズ・野菜・鶏肉・売っているえさ)
      • 僕は泥の中でも暮らしているので、汚い水でも平気だなんていわれているけれど、本当はきれいな水が大好き。洗剤なんか入った水だと、僕たちは生きていけないんだ!!

  • 最終更新:2009-05-18 11:55:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード